動物病院で検査|犬の病気はすぐに相談する

ドッグ

優しくて穏やかな大型犬

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーは、大型犬ですが、とても穏やかな犬種です。水中も得意とし、水をはじきやすい毛質をしています。また、散歩は運動のために必要なので一日30分程度を2回行なうといいでしょう。毛が長い犬種なので、毛並みを保つ為にもブラッシングも欠かせません。

ペットの火葬の種類

遺影

ペットが死んでしまった場合には、その遺体を処理しなければなりませんが、土葬をすることができない場合にはペット火葬を利用することになります。ペット火葬でもいくつかの種類があり相応の費用が掛かりますが、民間業者であれば適切にペットを火葬することができます。

購入後すぐに症状が

ドッグ

怖い伝染病

犬を購入した時に一番多いのは、何と言っても伝染病です。伝染病の中でもパルボウイルス感染症が問題になっています。場合によっては飼い主の手に渡る前に、数割が死んでしまうと考えられています。潜伏期間が4〜7日ぐらいの短い伝染病ですから購入時や、購入してから数日以内に症状が現れてきます。下痢があったり元気がなかったら、すぐに病院に連れて行ってください。ほんの少量の便さえあれば、5分で簡単に診断することが可能になっています。ジステンパーも伝染病の一つです。病気の経過が遅く、診断も少々厄介になってきます。これといった確実な診断方法がなく、一番トラブルになりやすい病気の一つになっています。食欲は十分にあるのに咳をすることがあります。ジステンパーのこともありますが、パラインフルエンザやケンネルコッフという病気の疑いもあります。症状は軽く終わってしまうことがほとんどになりますが、頑固なこともあります。いずれも死に至るような病気ではありません。新しい動物愛護法では、犬を販売している業者は子犬にワクチン接種を行って獣医師の証明書をつけることが、求められています。ですから犬を購入した時は、1回目のワクチン接種が済んでしまい獣医師の証明書があるのが普通です。ですが1回だけでは完全な効果が期待できませんので、購入後も1〜2回の接種が必要になってきます。子犬の流通の初期の段階から接種すると、死亡率が低下します。犬が全く動かない体が熱いと感じたら、まず電話で動物病院に相談してみてください。

ヨーキーと過ごすために

女の人とペット

イギリス原産のヨークシャテリアは、通称ヨーキーと呼ばれることもある愛らしい小型犬で、光沢のある長い毛が特徴的で人気も高く、テリア種であるために見た目の可愛らしさとは裏腹に、活発で勇敢な性質も持ち合わせています。